佐藤忠太郎和紙 紙子工房

佐藤忠太郎和紙 紙子工房

ごあいさつ

きよくうるわしいと平安朝の昔から愛用されたみちのく紙をそのまま受け継ぐ白石和紙は伊達政宗公の殖産奨励の下その家臣、白石城主、片倉小十郎、領内農民の冬期間 内職として濃き出され紙子と紙布織りの和紙衣料を産しておりました。 松尾芭蕉が奥の細道をたどった時、持参した紙子は江戸時代庶民の防寒着として大変重宝されました。現在なお濃き続ける白石和紙は、国宝修理用紙に指定され、表装、書画、木版、及び拓本用として、また色紙、名刺ハガキ等は欠かせない強さと味わい有しております。 白石の古い紙子模様を活かし拓本染紙は 紙子帯や人形の衣装、ハンドバック、ふくさ入れ、印鑑入れ、名刺入れ、ストラップ等、みちのくの風土と香りをこめた純楮、白石和紙製品をご愛用ください。


商品のご案内

bag01b ハンドバッグ card03 名刺入れ fukusa01 ふくさ入れ
stamp01 印鑑入れ strap ストラップ paper06 和紙紙の販売

 


 

ご注文とお支払い方法

ご注文方法 ご注文はFAXにて、郵便番号、電話番号、ご住所、お名前、ご注文商品名、商品番号、配達時の時間帯(午前・午後)の記入をお願い致します。 お支払い方法 郵便局より発送いたします。 表示価格はすべて税込み送料別の価格となっておりますので送料はお客様ご負担でお願いします。 振込み先はゆうちょ銀行、郵便振込みで、料金はお客様ご負担でお願いします。郵便局の口座から口座への振込みが一番お安い料金で振り込むことができます。 商品と同封して、口座番号をお知らせします。 商品到着後7日以内に入金をお願いします。 返品について 返品ご希望の場合は商品到着後8日以内に連絡下さい。未開封の商品のみ承ります。 その場合の返送料はお客様ご負担となります。 万一発送中の破損、不良品、注文と違う商品が届いた場合いは返送料は当店で負担させていただき良品と交換させていただきます。


佐藤忠太郎 紙子工房 代表者:佐藤文子 白石和紙商品、加工販売 〒989-0224 宮城県白石市北無双作29-2 電話&FAX:0224(26)3250 こちらのページの商品については直接上記へご注文・お問い合わせください。